狩猟解禁に伴う事故防止及び違法捕獲の防止等について

 11月15日から(種子島ではニホンジカのみ11月1日から)、全国一斉に狩猟が解禁されます。
狩猟期間中は、鳥獣保護区や休猟区等以外の場所において狩猟が行われますので、狩猟事故及び違法捕獲を防ぐため下記の事項に十分注意してください。

令和5年度狩猟期間

狩猟鳥獣(ニホンジカ以外)
令和5年11月15日~令和6年2月15日

ニホンジカ
令和5年11月1日~令和6年3月15日

狩猟期間中の注意事項

山林内での仕事や農作業・散策などで野山に入る皆さんへ

  • 狩猟者に分かりやすいよう、目立つ服装をしてください。(黄色やオレンジ色などの明るい色)
  • 狩猟者を見かけたり、付近に気配がある場合は、声を掛ける等して、事前に自分の居場所を伝えてください。

狩猟者のみなさんへ

狩猟者は、関係法令やマナーを守り、周囲に入山者や他の狩猟者が居ないことを十分に確認し安全な狩猟を心がけてください。また、ワナによる狩猟をおこなう場合は、他の人がワナが設置されていることを確認できるように、必ず標識を設置して事故が発生しないようにしてください。

万一、事故が発生した場合は、すみやかに種子島警察署や熊毛支庁林務水産課、または市役所農林水産課林務係などの関係機関に連絡してください。

この記事に関するお問い合わせ先

農林水産課林務係
電話番号0997-22-1111(内線244)
ファックス番号0997-24-3115
メールフォームによるお問い合せ