波に魅了されて

30代/独身

(写真) 移住者インタビュー

移住年:2009年
移住元:東京

移住者コメント

波乗りするために働き、お金が貯まれば長期間、サーフトリップ(サーフィンするために海外や国内を飛び回ること)というライフスタイルを送っていました。

これまではサーフィンするために種子島に行くという感覚でいました。

2009年の皆既日食のとき、美しいビーチにサーフポイントが点在していて島の波に魅了され、心踊らされ、移住を決意しました。
こんなにも強く「住みたい!」と思ったのは種子島が初めてです。

事務に必要な資格を持っていたので仕事を決めてから移住。
島の家賃相場は高めなので、安い賃家の銃砲収集し、口コミで現在の家に落ち着きました。
海は近い、混まない、波がいい、島人はフレンドリー、旬の野菜が届けられる、車の渋滞がない、いいところはたくさんありますが、狭い島なので、知り合いに会いやすい!都会よりプライベートが少ない!気づかないうちに顔を覚えられたりすることも・・・。
思った以上に冬場は風が強く、寒い。でも、海にいると落ち着くので、夏場に限らず、海に行きます。サーフィン以外にも、海を眺めたり、読書したり・・・。

移住しても稼げないといって、帰っていく人もいます。
私は細かいことは気にならないのでノープランで自由に暮らしてきましたが、ある程度、貯金してから移住することをおすすめします。

この記事に関するお問い合わせ先

地域支援課 コミュニティ推進係
電話番号 0997-22-1111(内線 215)
ファックス番号 0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ