西之表市がめざしている夢と目標

(イラスト) 笑顔

西之表市には、「こんなまちにしたい!」という夢(ゆめ)があります。そして、それをかなえるために、目標(もくひょう)をつくっています。

どんな夢に向かって、どんな目標をつくっているのか。ここで、くわしく説明します。

西之表市は、どんなまちをつくりたいの?

私たちは、「絆で創る、魅力あふれる豊かなまち」をつくりたいという夢があります。次の3つにわけて、くわしく説明します。

絆(きずな)で創る(つくる)

地域のなかで、人と人とのつながりなどを大切にして、市民みんなで支えあいます。

魅力(みりょく)あふれるまち

たくさんの人に「すてきなまちだな」と思ってもらえるように、西之表市の自然(しぜん)や歴史、文化(ぶんか)、産業(さんぎょう)など、それぞれがもっと良いところを出していきます。

豊かな(ゆたかな)まち

市民が安心して暮らしつづけられるように、生活のしくみや、はたらくばしょをつくったりします。

このような夢をかなえることで、「西之表市に生まれてよかった、住んでよかった。これからも住みつづけたい」と市民が思い、しあわせを感じてもらいたいと考えています。

夢をかなえるために、どんな目標があるんだろう?

西之表市は、「絆で創る、魅力あふれる豊かなまちをつくりたい」という夢をかなえるために、3つの目標をつくっています。

1.はたらくばしょをたくさんつくろう!

生活をするには「お金」が必要であり、そのためにははたらかなくてはいけません。しかし、西之表市で仕事がなければ、生活もできないし、人とのつながりも生まれません。

そこで、西之表市にも「はたらけるばしょ」をたくさんつくる努力(どりょく)をしています。

たとえば・・・

  • 農業や漁業ではたらきたいと思う人のために、技術をまなぶ研修をおこないます。
  • 西之表市でつくられたものを紹介したり、西之表市であたらしい商品(しょうひん)をつくりだすことで、紹介する仕事や商品を考える仕事、それを売る人など、はたらけるばしょやチャンスをふやします。
  • 西之表市でお店をひらきたいと思う人のために、お金を一部出したり、インターネットのしくみをしっかりとつくって、たくさんの人に情報をおしらせできるようにします。

2.子育てをする人をいっしょうけんめいお手伝いしよう!

西之表市では、子どもたちがどんどん少なくなってきており、お年寄りの人数はふえています。お年寄りの生活をささえるのは、若い世代の人たちですが、このままでは支えきれなくなってしまいます。

西之表市でも、安心して赤ちゃんを産んで育てられたら、市民みんながきっとしあわせに暮らせるはずです。

そのために・・・

  • 安心して赤ちゃんを産むことができる「産婦人科医院(さんふじんかいいん)」をつくります。
  • ミルクや紙おむつなど、赤ちゃんを育てるときにひつようなものと交換(こうかん)できる「子育て応援券」をつくったりします。
  • 子育てに不安がある人の相談をききます。
  • 子育てをする人と赤ちゃんが、いつも健康でいられるように、検診をします。
  • 子どもたちに、西之表市を大好きになってもらえるように、「まなび~隊」などの学習のばしょをつくったり、いつもきれいで花がたくさん咲いているまちをつくります。
  • 子どもたちが、安心して授業を受けられるように、地震(じしん)につよい学校をつくります。
  • 安心して子どもあずけられる保育所や児童館(じどうかん)をつくります。

3.暮らしがもっと楽しくなるしくみを考えよう!

西之表市では、暮らす人がへってきており、地域での人とのつながりがだんだんなくなってきていると感じている人もいます。

しかし、たくさんの人とかかわり、支え合うことによって、人はしあわせをかんじます。そのためには、暮らしがもっと楽しくなるしくみをつくることが大切になってきます。

西之表市にできることは・・・

  • 西之表市で暮らしはじめたいと思う人に、住むところを紹介したりします。
  • 西之表市でたくさん買い物をしてもらうために、楽しい商店街をつくります。
  • いつでも、どこでも行けるように、交通機関をととのえます。
  • 島外からきた人との交流活動をします。
  • お年寄りや障がい者が、もっとかつやくできるばしょをつくります。
  • 楽しく学んだり、スポーツしたり、遊んだりできるばしょをつくったり、イベントを計画します。
  • 昔から受け継がれてきた伝統を、多くの人につたえます。

 

このように、3つの目標をつくり、西之表市は今日も「絆で創る、魅力あふれる豊かなまち」を実現するためにお仕事をがんばっています。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 秘書広報係
電話番号 0997-22-1111(内線203・207)
ファックス番号 0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ