保育料表

平成29年度の保育料

西之表市基準額
階層 区分 標準時間認定3歳未満
(3号認定)
標準時間認定3歳児
(2号認定)
標準時間認定4歳以上 短時間認定3歳未満
(3号認定)
短時間認定3歳児
(2号認定)
短時間認定4歳以上
1 生活保護世帯 0 0 0 0 0 0
2 市町村民税非課税世帯
(ひとり親世帯等)
6000
(0)
5000
(0)
5000
(0)
6000
(0)
5000
(0)
5000
(0)
3 市町村民税均等割課税世帯
(ひとり親世帯等)
13000
(6000)
10000
(4500)
10000
(4500)
12800
(5900)
9800
(4400)
9800
(4400)
市町村民税所得割課税額
階層 区分 標準時間認定3歳未満
(3号認定)
標準時間認定3歳児
(2号認定)
標準時間認定4歳以上 短時間認定3歳未満
(3号認定)
短時間認定3歳児
(2号認定)
短時間認定4歳以上
4 48,600円未満
(ひとり親世帯等)
15000
(7000)
12000
(5500)
12000
(5500)
14800
(5900)
11800
(4400)
11800
(4400)
5 72,800円未満
(ひとり親世帯等77,101円未満)
19000
(9000)
16000
(6000)
16000
(6000)
18700
(8900)
15800
(5900)
15800
(5900)
6 97,000円未満 21500 18500 18500 21200 18200 18200
7 121,000円未満 28000 26000 24000 27500 25500 23600
8 145,000円未満 32000 29000 26000 31500 28500 25600
9 169,000円未満 35000 32000 29000 34500 31500 28600
10 220,000円未満 38000 34000 31000 37400 33500 30500
11 301,000円未満 48000 35000 31000 47200 34500 30500
12 301,000円以上 58000 35000 31000 57100 34500 30500
西之表市基準額
階層 区分 教育標準時間(1号認定)
1 生活保護世帯 0
2 市町村民税非課税世帯(ひとり親世帯等) 2500 (0)
3 市町村民税均等割課税世帯(ひとり親世帯等) 2500 (0)
市町村民税所得割課税世帯
階層 区分 教育標準時間(1号認定)
4 77,100円以下 (ひとり親世帯等) 13400 (3000)
5 144,200円以下 15200
6 211,200円以下 17100
7 211,201円以上 21400
  • 利用者負担の年齢区分は、年度の初日(4月1日)の年齢で決まります。年度途中で誕生日を迎えても、変更はありません。
  • 利用者負担は、4月から8月までは、前年度の市民税の課税状況、9月から3月までは当該年度の課税状況により算出します。
  • 1号認定の利用者負担は、同じ世帯の兄弟を、小学3年生から数えて、第2子は半額、第3子以降は0円となります。(ただし、未就学児は認定こども園・幼稚園・保育所等に在園していること)
  • 2号・3号認定の利用者負担は、同じ世帯の兄弟を、未就学児を上から数えて、第2子は半額、第3子以降は0円となります。(ただし、未就学児は認定こども園・幼稚園・保育所等に在園していること)
  • この利用者負担とは別に、各園によって給食費などの実費徴収や上乗せ徴収が必要となる場合があります。
  • 新制度に移行しない幼稚園は、各園が設定する利用者負担になりますので、各園にお問い合わせください。

軽減措置について

  • 2~12階層までの世帯で、同一世帯から2人以上の児童が保育所、幼稚園又は、認定こども園、特別支援、学校幼稚部、知的障害児通園施設、難聴幼児通園施設、肢体不自由児施設通園部、情緒障害児短期治療、施設通所部に入所又は児童デイサービスを利用している場合の保育料
2~12階層の世帯
最も年齢が高い児童 全額
2番目に年齢が高い児童 半額
3番目以降の児童 無料
  • 2~6階層までの世帯で、満18歳未満の児童を現に3人以上扶養している世帯で、そのうち3人目以降に該当する児童の軽減措置
2~6階層の世帯
第3子以降の1番目 基準保育料の1/3軽減
第3子以降の2番目 基準保育料の3/4軽減

母子世帯等とは

  • 母子及び父子世帯
  • 身体障害者手帳及び療育手帳の交付を受けた者のいる世帯
  • 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者のいる世帯
  • 特別児童扶養手当の支給対象児及び国民年金の障害基礎年金等の受給者のいる世帯 等

保育料の日割り計算について

 保育料は、原則として1か月単位となりますが、月の途中で入所あるいは退所した場合は日割り計算します。
 やむを得ず休園した場合又は自己の都合により登園できなかった場合は、日割り計算はされません。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉事務所子育て支援係
電話番号0997-22-1111(内線 328)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ