48.メヒルギ自生群落

めひるぎじせいぐんらくのしゃしん

・種別

 天然記念物

・指定年月日

 昭和34年8月10日

・所在

 国上湊

 

 マングローブに生えるヒルギ科の常緑小高木で、初夏白い花をつけます。
 果実は樹上で胎生発芽し、長さ20センチメートル前後のこん棒状の幼根となり、翌年落下する胎生植物です。
 湊川下流域は、樹齢80~100年、樹高2メートル~8メートル、面積2ヘクタールで、一部に見られる樹高7~8メートルに達する高木林はほかでは見られません。

めひるぎじせいぐんらくのしゃしん
めひるぎじせいぐんらくのしゃしん

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課文化財係(種子島開発総合センター鉄砲館)
電話番号0997-23-3215
ファックス番号0997-23-3250
メールフォームによるお問い合せ