新型コロナワクチン接種について

今後の新型コロナワクチン接種日程

現在、年代別に、下記の日程で新型コロナワクチン接種を予定しています。

新型コロナワクチン接種日程表

※12歳以上で、これから1回目/2回目を受けようとする方は、保健センターすこやか(0997-24-3233)にお問い合わせください。
※11歳の時に1回目で小児用ファイザーを接種したお子さんが、2回目接種までの期間に誕生日を迎えて12歳になった場合、2回目も小児用ファイザーを接種することとされています。

60歳以上の方・18歳以上60歳未満で基礎疾患のある方の4回目の新型コロナワクチン接種について

現在、4回目の新型コロナワクチン接種の準備を進めています。
4回目は、3回目から5か月間の間隔を空けることとされています。

4回目集団接種スケジュール

【対象者】
・60歳以上で、3回目接種から5か月間が経過している方
⇒対象者には、接種券等必要書類を年代が高い方から順次郵送いたしますので、4回目接種を希望する場合は、書類が届いてから予約を入れてください。

・大字校区には、送迎バスを運行します。送迎バスを利用希望の方は、お住まいの校区にバスが運行される日を予約の上、バス利用の旨を保健センターすこやかにご連絡ください。

・18歳以上60歳未満で、基礎疾患がある方、またはその他重症化リスクが高いと医師が認める方で、3回目接種から5か月間が経過している方

(注意)ご自身が基礎疾患に該当するか、重症化リスクが高いかなど、ご不明な場合は主治医へ事前にご相談ください。同じ病名や投薬内容であっても、急性期か慢性期かなどの状況によって、基礎疾患に該当するか否かが分かれる場合があり、主治医でないと判断ができません。

(基礎疾患の範囲)
〇慢性の呼吸器の病気
〇慢性の心臓病(高血圧を含む。)
〇慢性の腎臓病
〇慢性の肝臓病(肝硬変等)
〇インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
〇血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
〇免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
〇ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
〇免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
〇神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
〇染色体異常
〇重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
〇睡眠時無呼吸症候群
〇重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
〇18歳以上60歳未満であるが、BMIが30以上である
BMIの算出方法=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル) 
〇18歳以上60歳未満であるが、新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師に認められた

上記に該当する方は、【別紙】接種券発行申請書(4回目接種用)(PDFファイル:516.4KB)を保健センターすこやかに提出すれば、接種券交付の上、4回目のワクチン接種が受けられます。

努力義務の適用除外について(5歳から11歳までの方、18歳以上60歳未満で、基礎疾患がある方) 

 5歳から11歳までの方や、18歳以上60歳未満で基礎疾患がある方の4回目の接種については、予防接種法第9条に規定する「努力義務」の適用除外とされています。
 12歳以上60歳未満の1回目から3回目及び60歳以上の1回目から4回目は「努力義務」の適用となります。

「努力義務」とは

 感染症の発生やまん延を予防するために、「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定です。新型コロナワクチン(12歳以上)の1回目・2回目・3回目や、四種混合、MR(麻しん風しん混合)、日本脳炎、BCG、水痘(水ぼうそう)などのお子さんが受ける予防接種にも「努力義務」が適用されています。
 但し、努力義務は「義務」とは異なります。接種は強制ではありません。
 接種するメリットとデメリットを考慮いただき、主治医とよくご相談の上、接種を受けるか受けないかご判断ください。

新型コロナワクチン接種の予約方法について

・コロナワクチンの接種を受けるには必ず予約が必要です。

・予約を行う際は、お手元に予防接種済証または予診票をご用意ください。

(接種券番号10桁:21000×××××を入力する必要があります。)

 「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」をよくお読みの上、接種を希望する方は、下記の方法で予約を行ってください。

 また、接種希望日の3日前まで(例:令和4年6月21日の接種予約は令和4年6月18日まで)予約可能ですが、予約の空き状況によっては、希望日に予約できないことがあります。

1.ワクチン接種予約コールセンターでの予約

平日の9時から12時、13時から17時に

0997‐28‐3721 または 0997‐28‐3751にお電話ください。

※電話番号はお間違えのないよう確認の上おかけください。また、電話が混み合い、つながりにくい時間帯があるかもしれませんが、時間を改めてかけ直してくださいますようお願いします。

 

以下の2~4の予約方法は、24時間受付可能です。スマートフォンをお持ちの方にお願いして、代理で予約してもらうことも可能です。

 

2.インターネットによる予約

下記のバナーから予約画面に遷移し、入力してください。

 

3.スマートフォン/タブレット等による予約

スマートフォン等から、下記のQRコードを読み取り、予約画面から入力してください。

 

4.LINEによる予約

西之表市の公式LINEアカウントを友達追加し、メニューの「新型コロナワクチン接種の予約」から予約画面に遷移し、入力してください。

▼西之表市公式LINEアカウントQRコード

 

これから1回目・2回目を接種したいという方は、インターネットでは予約できませんので、保健センターすこやか(電話番号0997‐24‐3233)までお問い合わせください。

5~11歳の新型コロナワクチン接種について

子どもへの新型コロナワクチン接種の効果や安全性について解説していますのでご覧ください。

【5~11歳の新型コロナワクチン接種】どうしてワクチン接種が必要なの?《政府広報動画(Youtube)》​​​​

「中高生保護者向け・コロナワクチン接種説明会」を実施しました。

 令和3年9月23日(木曜日)に開催した「中高生保護者向け・コロナワクチン接種説明会」の資料を下記のとおり掲載します。保護者の方は是非ご覧ください。

 中高生保護者向け・コロナワクチン接種説明会(Youtube) ←こちらをクリック

 説明会資料(PDFファイル:1.7MB)

今後、新型コロナワクチンの接種を受ける方へ

 ワクチン接種当日の流れは以下のとおりです。時間にゆとりをもってお越しください。

 また、接種券や本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)を忘れることのないようにご注意ください。

  1. 受付にて本人確認や必要書類のチェック
  2. 医師による問診
  3. ワクチンの接種
  4. 経過観察(通常15分)
  5. 帰宅

● 新型コロナワクチンの副反応について

 ワクチン接種は、体内に異物を入れて免疫反応を誘導し、免疫をつくることを目的として行われるため、効果とともに副反応が起こりえます。
これまでの新型コロナワクチンの接種に伴う副反応として、接種部位の痛み・発熱・倦怠感・頭痛・関節痛などの症状が報告されています。また、ごくまれに重大な副反応としてアナフィラキシー※を起こすこともあります。下記の説明書をよくお読みの上、接種を受けてくださいますようお願いします。

※アナフィラキシーとは
じんましんや赤み、かゆみなどの「皮膚の症状」、くしゃみや咳、息苦しさなどの「呼吸器の症状」、目のかゆみや唇の腫れなどの「粘膜の症状」、腹痛や嘔吐などの「消化器の症状」、血圧低下などの「循環器の症状」など複数の症状が短時間に全身に現れるアレルギー症状。

 新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社製)(PDFファイル:790.8KB)

 新型コロナワクチンを受けた後の注意点(PDFファイル:705.6KB)

 

 

新型コロナワクチンの接種率(令和4年8月2日現在)

ワクチン接種の状況

新型コロナワクチン_年代別接種状況(令和4年8月2日現在)

令和4年8月2日現在の接種率 
※12歳から17歳までの4回目及び5歳から11歳までの3回目・4回目は未承認

新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

ワクチン接種証明書のデジタル化について

 マイナンバーカードで接種証明書(電子版)が令和3年12月20日(月曜日)より取得できるようになりました。
 下記の注意事項等にしたがい、お持ちのスマートフォンから手続きください。

●接種証明書(電子版)の発行に必要なもの
【スマートフォン】 iOS13.7以降もしくはAndoroidOS8.0以降
【新型コロナワクチン接種証明書アプリのダウンロード】 App Store及びGoogle Playで公開
【マイナンバーカード】 有効期限をご確認ください。
 ※マイナンバーカードの新規での発行には、約1か月の期間を要します。
【券面事項入力補助APの4桁の暗証番号】マイナンバーカードを受け取った際に設定した数字4桁の暗証番号
【旅券(パスポート)】有効期限をご確認ください。 ※海外渡航を予定している方のみ

詳細については、下記デジタル庁及び厚生労働省のウェブサイトをご覧ください。

デジタル庁のウェブサイト(外部サイト)   

厚生労働省ウェブサイト(外部サイト)  

予防接種済証・新型コロナワクチン接種記録書について

 国内で使用する目的においては、接種会場でお渡しした「予防接種済証」を接種証明書としてご利用いただけます。

紙面による接種証明書の発行が必要な場合について

 デジタル化による自動交付ができない方、予防接種済証を紛失された方、QRコードがついている接種証明書が必要な方は、「QRコード付接種証明書」を保健センターすこやかにて発行します。申請には身分証明書、委任状(代理申請が必要な場合のみ)が必要です。また、海外用の接種証明書が必要な方は旅券(パスポート)も必要です。

ワクチン接種証明書発行(書面)について(PDFファイル:636.3KB)

予防接種証明書交付申請書(PDFファイル:199.2KB)

委任状(PDFファイル:108.5KB)

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康保険課健康増進係(保健センターすこやか)
電話番号0997-22-1111(内線 326・327)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ