旅の途中に島暮らし

50代/2人家族

(写真) 移住者インタビュー

移住年:2002年
移住元:山梨

移住者コメント

世界中をバックパッカーとして夫婦で旅をしていた時、人と自然に魅せられ1年ほど種子島で暮らしていました。再び2人で大好きな島へ帰って来たのが2002年。これまでも色んな島を廻りました。種子島は思ったより、だだっ広い

独特の空気感のなか、他の島には無い空間で時間がゆっくり流れているのでみんなにも感じてもらいたいです。
私が種子島でやりたかった島ぐらしは、海を眺めながらのカフェ営業とバンド活動。営業時間は10時から日が沈むまで・・・海を一望できるここからの景色は毎日違うので気に入っています。
若い人達と練習や準備をするのが楽しくて、地域活動に積極的に参加しています。お酒は飲めませんが、集まって飲んで喋って楽しむことが好きです。付き合いが苦手な人もいますが、なるべく地域活動に関わってもらいたいです。

夏は湿気が高く少しうんざり、冬は季節風が強くて意外と寒いのにも驚きましたが、春、夏、秋の季節が長く、気候も人柄もとてもおだやかで暮らしやすい島です。
旅行も下調べしてから行くけど行ってみないとわからない。
とりあえず種子島に来てゆっくりしてみる、感じてみることです。
何もないところがいいし、種子島独特な感じがわかると思います。

この記事に関するお問い合わせ先

地域支援課 コミュニティ推進係
電話番号 0997-22-1111(内線 215)
ファックス番号 0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ