top
    
ホーム観光ガイド歴史・史跡>月窓亭
   
 赤尾木城文化伝承館 月窓亭
   
 建物の由緒
   
   この建物は羽生道潔(1768年〜1845)が27歳の時、今から200年以上前の寛政7年(1795年)に建てたものである。
 庭の中心にあるイヌマキの大樹の下にこの家の構築物と考えられる石組が認められ、、、このイヌマキも樹齢約200年程度と思われる。道潔の孫羽生慎翁も同様にこの住宅で茶道・花道などの修業を重ねるが、慎翁は、薩摩・大隅総会頭職、大日本総会頭職などを歴任することにより、鹿児島、東京での生活が中心となっていく。
 
 一方、明治という新しい時代の流れの中で、旧家臣たちは27代守時公を種子島へ迎え入れるため、屋敷探しに奔走するが、明治19年羽生慎翁のこの旧第に迎え入れることになる。
 以来、平成12年まで種子島家住宅として使用されたが、所有者が転居することとなり、西之表市が購入したものである。
 建物ゆかりの人びと@−武家屋敷として
 「明治19年6月27日守時君幼沖にして依るところ無きを以てす。是に至りて譲蔵等、島人らと協議し、守時君をして、しばらく旧臣に依らしめ、その成立を待って以て家運を挽回せんと欲す・・・(以下省略)」(種子島家譜6巻)
 版籍奉還という新しい時代の流れ中で、旧臣前田譲蔵を中心とする種子島家加勢集団は、幼少の27代守時君(8歳)を種子島へ迎えるために奔走する。
この頃、羽生慎翁は池之坊大日本総会頭職(東京在住中)として活躍中で、赤尾木城を眼前にする羽生慎翁旧宅に決定し、明治19年10月31日この屋敷に奉迎することとなった。
以来、種子島の人々は、この屋敷を「お屋敷」と呼ぶようになったが、幾星霜移りても、島人の心の中に、「お屋敷」は、島の誇りとして心の拠り所となってきた。
 建物ゆかりの人びとA−文化の館として
   この屋敷は、羽生家の住宅であったが、明治19年種子島家が鹿児島から移り住んだことにより、島の人々は、「お屋敷」と呼ぶようになった。
 種子島家が移り住んだことにより、700有余年の種子島の歴史を綴る種子島家譜類やポルトガル伝来銃、国産第一号銃、生き人形「山野井様」などの宝物が多数保存されてきたことから、数多くの著名人らがこの屋敷を訪れた。 
 それは枚挙に暇がないほどであるが、代表的な人々を挙げる。

@ 昭和27年10月28日 下村海南、木村 毅、吉阪俊蔵(屋久島国立公園審委員)
A 昭和38年10月12日 ピント・ダス・サントス駐日ポルトガル代理大使
B 昭和43年10月1日 アルマンド・マルチンス駐日ポルトガル大使閣下ご夫妻
C 昭和45年5月16日 常陸宮殿下・妃殿下
D 昭和45年5月     奈良本辰也(歴史学者) 高野悦子(作家)
E 昭和50年(1975)9月28日 司馬遼太郎夫妻ら
 「街道をゆく」取材旅行のため、訪れた司馬遼太郎氏一行をこの種子島家御屋敷で歓迎の夕べが開かれた。司馬氏ご夫妻は島特産の焼酎を快飲し、歌い踊り、夜遅くまで懇談された。司馬夫妻の他、沈 寿官夫妻、須田画伯、橋本申一氏(朝日新聞記者)、同週間朝日記者、野村宏治氏(読売新聞記者)であった。この旅行記は朝日新聞社刊「街道をゆく」と題して、刊行されている。
 羽生慎翁と生花
   
 種子島の花道は、羽生慎翁の祖父道潔が寛政4年(1792)鹿児島の花道池之坊流師範家丸田氏に入門し、種子島の花道指南家となったことに始まると考えられる。
 その孫羽生慎翁(1826〜1901)は、幼少より祖父道潔について、読書・手習いを修業し、弓術、槍術、示現流剣術、故実礼法、池之坊花道など文武両道を極めた。

 【羽生慎翁の足跡】
◆ 明治8年(1875)、家元42世専正師より生華伝法皆伝立花数ケ條の伝授を受け、号を梅陰亭月窓と称す。その後、大日本華道家元京都六角堂池坊の門弟となる。
◆ 明治12年(1879)、薩摩・大隈両国会頭職就任。
◆ 明治15年(1882)、 大日本総会頭職(宗匠代理、東京出張所長)就任。
 その後、久邇宮の花道御用、また島津公爵家や大徳寺の花道教授となり、池之坊正派を全国に広めた。これらの功績を讃え、東京高輪泉岳寺境内に公徳碑が建てられた。

 種子島でも、江戸時代以降、池之坊花道が盛んになり、屋敷周辺にはハラン(花材)が植えられ、婦人たちが修業した。これもひとえに羽生慎翁の影響が大きい。
 
   
 羽生慎翁の花絵図
   
   歴代島主は上方文化を摂取することに努めたが、なかでも、12代島主忠時(室町時代)が最も顕著である。
 例えば、大的はじめ、連歌師宗碩との交流や千利休との交流、「蹴鞠」「乗馬」「郷土芸能」などが堺を経由して、持ち越された上方文化である。
 ところで、種子島の花道の起源は詳らかでないが、羽生道潔が寛政4年(1792)約200年前には既に入門している。
 この花絵図は木版による花道教本で、一部に元禄5年3月8日の銘を見る。木版画にさらに繊細に加筆、彩色が施され、美術資料としても貴重である。恐らく道潔が買い求め、手本としたものであろう。花材、花瓶、生け方など、300年前の人々の美意識の高さが伝わってくる。
   
 種子島の庭園文化
   
 赤尾木城下の庭園には、薩摩の武家屋敷庭園に見られる特徴に亜熱帯性の植生や珊瑚石を融合させた独特の美の世界がある。
◆ 赤尾木城下の庭園の特徴
 ・ 表はイヌマキの生垣、裏は竹を生かした土塁を設ける例が多い
 ・ 珊瑚石や丸石による野面積みの石垣
 ・ 枡形のある門
 ・ 敷地隅に向かって築山を築く例が多い
 ・ ソテツ、月桃、タニワタリ、ヘゴなど、亜熱帯性の植物や、リュウガンなど、薬
  種として舶載された植物が見られる
 ・ ケラマツツジやその亜種、サンダンカ、ハランなどを多用する
 ・ 裏に天水を利用した池を設ける例あり
 ・ 縁側の端部と築山に配石する
 ・ 独特な形状の自然石手水を設ける
 
 赤尾木城と種子島の武家文化
 種子島氏の居城は島主の時代によって、転々と異動している。赤尾木城が、登場するのは、17代忠時からである。 
 寛永元年(1624)忠時12歳の時、内城(今の榕城中)から、上の城(今の榕城小)へ移りましたが、ここは、亜熱帯特有の赤尾木が繁茂していたので、赤尾木城と呼ばれ、これより明治2年(1869)25代久尚(版籍奉還)まで約250年間、種子島の政治・文化の中心となった。しかし、島津氏の鶴丸城と同じく、天守閣の無い屋形づくりの平屋で「城をもって守りとせず、人をもって守りとなす」の精神によって造られた。この城は山鹿流によるといわれている。種子島の統治機構は薩摩の外城制度に準じたもので、居城を麓士が直接守り、農村部には郷士を配置し、つねに大名を外側から守るという体制を作っていた。赤尾木が麓で、この麓士は約300人、残る700人程度が郷士として各村に散在していた。 種子島は薩摩藩の一外城で種子島も一つの郷であり、その郷の中に18カ村が置かれていた。
「種子島家住宅」の愛称について
平成22年4月1日〜12日まで愛称を一般公募し、その結果、「赤尾木城文化伝承館 月(げっ)窓亭(そうてい)」に決定しました。
 単なる文化財ではなく、種子島の文化を後世まで伝承していく社交の場であり続けて欲しいという願いを込め、種子島の文化の中心である「赤尾木城」を冠しました。そして、この住宅で茶道・華道の修行を重ねた羽生慎翁(道則)の号「梅(ばい)陰亭(いんてい)月(げっ)窓(そう)」からとって、「赤尾木城文化伝承館 月窓亭」と命名されました。