土砂災害防止月間について

6月1日から6月30日までの期間は「土砂災害防止月間」です。

 梅雨時期に入り、集中豪雨などによる土砂災害の発生が心配されます。土砂災害から生命を守るために、日ごろから次の点に注意してください。

雨の降り方に注意
 土砂災害の危険性が高まると、県と気象台が土砂災害警戒情報を発表します。この情報が発表された場合は、雨量情報などに注意してください。避難勧告等が発表された場合は速やかな避難をお願いします。
 雨が降りやんだ後でも、土砂災害の発生する可能性があります。

土砂災害の前触れに注意
 【土石流】山鳴り。立木の裂ける音。石のぶつかり合う音。川の水位が下がる。川の水が急に濁る。
 【地滑り】地面にひび割れができる。沢や井戸の水が濁る。斜面から水が噴き出す。
 【崖崩れ】崖からの水が濁る。亀裂が入る。小石が落ちてくる。異様な音がする。
 ※このような現象に気づいたら自主避難の目安にしましょう。

危険個所の確認
 家の近くの土砂災害危険個所及び土砂災害警戒区域を確認してください。
 ※市HP等で確認できます。

避難場所について
 あらかじめ家族で避難場所を決めておくことで、バラバラに避難することになった時でも
 合流ができます。

逃げ方について
 土石流のスピードは大変早いので、土砂の流れる方向に対して直角に逃げてください。


被害を最小限に抑えるために、これらの点に注意し、早めの避難を心掛けてください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課防災消防係
電話番号0997-22-1111(内線 205)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ