44.大瀬休左衛門夫婦の墓

おおせきゅうざえもんふうふのはかのしゃしん

・種別

 史跡

・指定年月日

 平成16年4月8日

・所在

 下西

 

 この墓は、第19代島主種子島久基が救荒作物として、琉球から取り寄せた甘藷を、下西下石寺に住む大瀬休左衛門が、元禄11年(1698)苦心の末、日本で初めて栽培に成功させた功績に対し、褒美として久基公より下賜されたものです。
 以後、種子島は飢饉から救われることとなりました。

おおせきゅうざえもんふうふのはかのしゃしん
おおせきゅうざえもんふうふのはかのしゃしん
おおせきゅうざえもんふうふのはかのしゃしん
おおせきゅうざえもんふうふのはかのしゃしん

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課文化財係(種子島開発総合センター鉄砲館)
電話番号0997-23-3215
ファックス番号0997-23-3250
メールフォームによるお問い合せ