文化・芸術(宇宙芸術祭)

「種子島宇宙芸術祭」とは

種子島からの地域的(ローカル)な視点と、宇宙的(コズミック)な視点をもとに、アート、デザイン、科学技術、食、観光、教育などを通じて、島の地域資源を相対的に活かした新しい価値を生み出し、人間の心を宇宙のように無限に広げゆく、社会全体の成長へとつなげゆく大きなまちづくりの祭典です。
2017年の本祭開催に向け、2012年より南種子町でJAXA種子島宇宙センターの協力を得て芸術作品展示・教育プレイベントがスタートしました。2015年には、島内1市2町の行政をはじめ・観光協会などからなる種子島宇宙芸術祭実行委員会が組織され、2016年には島内全域でプレイベントが実施されています。

コンセプト

「宇宙の島」と呼ばれる種子島を舞台にして、アーティストが宇宙と向きあい、新しい創作の場ができあがることを願って「種子島宇宙芸術祭」を開催します。

日本の宇宙開発の主要な拠点に位置づけられている種子島では「宇宙」というテーマが、地域固有の文化として住民のなかで身近に根づいているところです。
宇宙センターに象徴されるような最先端科学技術と、この島にある豊かな自然や歴史、そして生活感あふれる文化が出会って、「自然と技術と文化の融合」が実現することを夢みています。

人間が広大な宇宙摂理のもとに抱かれていることをあらためて思い直し、今日のように科学技術が発達した現代においてこそ、もう一度人間の存在の原点をとらえ直すこと。「種子島宇宙芸術祭」に参加するアーティスト、科学者、エンジニアまたは島の方々とともに、次々と明らかにしてゆきたいと思います。

種子島宇宙芸術祭公式ホームページより一部抜粋

種子島宇宙芸術祭ポスター
星の洞窟ポスター
この記事に関するお問い合わせ先

経済観光課 商工政策係
電話番号 0997-22-1111(内線 271)
ファックス番号 0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ