土地|地籍調査事業

 人に関する記録として戸籍があるように、土地に関する記録を地籍といいます。現在ある土地の地図は正確とは言えないので、この地籍調査事業により土地の位置関係や面積を正確にします。

調査の流れ

  1. 調査区域を決定し、土地の所有者に連絡する。
  2. 説明会の開催
  3. 土地所有者により土地の境界ごとに杭を立ててもらう。
  4. 職員がその杭を1本1本調査し、地目等を設定し図面を作成する。(一筆地調査)
  5. 調査図面が完成したら、土地所有者に確認してもらう(閲覧)
  6. 完成した図面及び地籍簿の成果を国・県に認めてもらう。
  7. 認めてもらった図面・地籍簿を法務局に送る。

地籍調査で役立つこと

  • 公共事業が円滑に進みます。
  • 災害の復旧に役立ちます。
  • 土地の取引が円滑に進みます。(土地に関するトラブルを未然に防ぎます。)
  • まちづくりに役立ちます。
地籍調査Webサイト

筆界未定について

 調査期間中に境界(筆界)の話し合いがつかずに杭が打てない場合、地籍調査の成果品としての地籍図は図面上境界線が入りません。
 筆界未定となった場合は、地籍図の利用ができずに公共事業や災害復旧といった工事ができなくなります。調査終了後の筆界未定の解消は、自分たちで測量士を頼んで境界線を決定して登記申請しなければならなくなり、費用もかかります。

この記事に関するお問い合わせ先

財産監理課地籍調査係
電話番号0997-22-1111(内線 288)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ