有害鳥獣捕獲対策

 農作物に対する鳥獣類(カラス、ヒヨドリ、カモ、シカ等)の被害が多発しています。国内各地で同様な被害の状況が報道されていますが、どこでもその捕獲対策に苦慮しているのが現状のようです。

市の対策

  1. カラス対策として
    銃器により捕獲し、絶対数を減らしています。
  2. シカ対策として
    ・電気柵の補助事業を導入しています。費用の一部を助成します。
     (申請できる期間が限られています)
    ・農作物の被害の出る時期に、年数回(一定期間)の有害鳥獣捕獲を実施しています。
    ・シカの侵入を防止するための資材(シカネット)について費用の一部を助成します。
    ・銃器及び罠免許取得のために必要な交通費等について一部を助成します。 

農家対策

  1. 物理的刺激を利用した資材
    爆音機、テグス、防鳥テープ、吹流し、電気柵等
  2. 生物的刺激を利用した資材
    音声防鳥機器、目玉模様、マネキン・かかし、鳥の死体、犬の常駐、石鹸や髪の毛をつるす、レコード盤(CD)をつるす等

一時的な効果はありますが、長期的な効果は期待できません。

被害の連絡先

 有害鳥獣による被害の出ているところについては、市農林水産課または地域担当の猟友会の方に連絡をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

農林水産課林務係
電話番号0997-22-1111(内線244)
ファックス番号0997-24-3115
メールフォームによるお問い合せ