農業経営改善関係資金

資金の内容

1.農業近代化資金

 農協等民間金融機関が融資する最も一般的な長期資金(機械、施設、長期運転資金)です。

2.農林公庫資金

 農協等民間金融機関では十分な対応ができない場合(償還期間が長い、資金規模が 大きい、農地取得を含んでいるなどの理由)に,農林公庫が融資する長期資金(農地、機械、施設、長期運転資金)です。
 認定農業者 : スーパーL資金   その他の担い手 : 経営体育成強化資金

3.農業改良資金

 最新の技術・新規作物を導入したい。農畜産物の加工・直売を始めたい。そんなチャレンジに必要な施設、機械、資材などを購入するための資金です。

4.その他

 このほか、認定農業者の方は、資金繰りの短期運転資金として、農協等民間金融機関が融資するスーパーS資金のご利用も可能です。
 借入希望者が認定農業者の場合は、市特別融資制度推進協議会で、その他の担い手の場合は、市農業金融運営協議会での審査が必要になります。

借り入れ手続き

  1. 借入希望者(農業者)
  2. 経営改善資金計画書・借入申込希望書を融資機関(農協・銀行等、公庫)に提出
  3. 審査
  4. 融資(申込みから原則1か月半)

相談窓口

農協等の融資機関、熊毛支庁農政普及課、市役所農林水産課農政係でご相談に応じます。

この記事に関するお問い合わせ先

農林水産課農政管理係
電話番号0997-22-1111(内線249)
ファックス番号0997-24-3115
メールフォームによるお問い合せ