軽自動車税

平成29年度より納期限が変更になりました

 これまで軽自動車税の納期限は4月30日となっておりましたが、平成29年度より5月31日になりました。

納める人

 毎年4月1日現在で原動機付自転車・小型特殊自動車・軽自動車及び125ccを越えるバイク(これらを「軽自動車等」といいます)を持っている人です。
 軽自動車税には月割課税制度がありません。したがって、4月2日以降に廃車や名義変更の手続きをされても、4月1日現在の所有者がその年度分の税金を納めていただくことになります。

廃車・転出する際、紛失等の理由でナンバープレートが返納できない場合は弁償金として300円をお支払いいただきます。

名義変更・廃車手続き

手続き一覧
事項 申告に必要なもの
登録
  • 販売証明書等(車台番号がわかる書類)
  • 印鑑
廃車
  • 印鑑
  • ナンバープレート
転出
  • 印鑑
  • ナンバープレート
名義変更  旧所有者の印鑑及び新所有者の印鑑(新所有者が届け出てください。)

手続場所

市税務課市税係
代理の人が申告する場合は、代理の人の印鑑も必要です。

税率

平成28年度から、税制改正に伴い軽自動車税が以下のとおり変更になりました。

原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪の軽自動車・二輪の小型自動車
車種区分 標準税率:現行
(平成27年度)
標準税率:改定後
(平成28年度から)
原付:50cc以下 1,000円 2,000円
原付:50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
原付:90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
原付:ミニカー 2,500円 3,700円
小型特殊自動車:農耕用 1,600円 2,400円
小型特殊自動車:その他 4,700円 5,900円
軽二輪(125cc超250以下) 2,400円 3,600円
小型二輪(250cc超) 4,000円 6,000円

小型特殊自動車(農耕用)

 乗用装置を有している農耕トラクタ、農耕用薬剤散布車、刈取脱穀作業車(コンバイン)、田植機、農耕用動力運搬車等(国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車)で、最高速度時速35キロメートル未満のもの

小型特殊自動車(その他)

 ショベル・ローダ、タイヤ・ローラ、ロード・ローラ、グレーダ、ロード・スタビライザ、スクレーパ、ロータリ除雪自動車、アスファルト・フィニッシャ、タイヤ・ドーザ、モータ・スイーパ、ダンパ、ホイール・ハンマ、ホイールブレーカ、フォーク・リフト、フォーク・ローダ、ホイール・クレーン、ストラドル・キャリア、ターレット式構内運搬自動車、自動車の車台が屈折して操行する構造の自動車、国土交通大臣が指定する構造のタカピラを有する自動車及び国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車(林内作業用、原野作業車、ホイール・キャリア、草刈作業車)で、自動車の長さが4.7メートル以下、幅が1.7メートル以下、2.8メートル以下、最高速度時速15キロメートル未満のもの

軽三輪車・軽四輪以上の車両
車種区分 標準税率:現行税率 標準税率:新税率 標準税率:重課税率
(平成28年度から)
三輪 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上:乗用(自家用) 7,200円 10,800円 12,900円
四輪以上:乗用(営業用) 5,500円 6,900円 8,200円
四輪以上:貨物用(自家用) 4,000円 5,000円 6,000円
四輪以上:貨物用(営業用) 3,000円 3,800円 4,500円

現行税率

 現行税率は、平成27年3月31日までに最初の新規検査を受ける車両で、新規検査から一定年数(13年)を経過するまで適用されます。

新税率

 新税率は、平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受ける車両で、新規検査から一定年数(13年)を経過するまで適用されます。

重課税率

 重課税率は、グリーン化を進める観点から平成28年度以降、最初の新規検査から13年を経過した軽四輪車等について、標準税率の概ね20%の重課が導入されました。
(平成16年3月以前に最初の新規検査を受けた車両は、平成29年度から重課税率の対象となります。)

自動車検査表(見本)

グリーン化特例(軽課)措置

 三輪及び四輪以上の軽自動車で、平成28年4月1日から平成29年3月31日までに最初の新規検査を受けた、一定の環境性能を有する対象車に該当する車両は、軽課税率が適用されます。軽課税率が適用されるのは、平成29年度の一年間のみです。軽課税率となる対象車及び税率(年額)は下表のとおりです。

グリーン化特例(軽課)措置一覧
対象車 内容
電気自動車・天然ガス自動車(ポスト新長期規制からNOx10%低減) 概ね75%軽減
ガソリン・ハイブリッド車:乗用
(平成32年度燃費基準+20%達成車)
概ね50%軽減
ガソリン・ハイブリッド車:貨物
(平成27年度燃費基準+35%達成車)
概ね50%軽減
ガソリン・ハイブリッド車:乗用
(平成32年度燃費基準達成車)
概ね25%軽減
ガソリン・ハイブリッド車:貨物
(平成27年度燃費基準+15%達成車)
概ね25%軽減
  • 天然ガス軽自動車とは、平成21年排出ガス規制に適合し、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物を低減する車両とする。
  • ポスト新長期規制は、ディーゼル車等において、平成21年以降に適用される排出ガス規制。
  • ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る。
グリーン化特例(軽課)措置:税率(年額)
車種区分 概ね75%軽減 概ね50%軽減 概ね25%軽減
三輪:50ccを超え660cc以下のもの 1,000円 2,000円 3,000円
四輪:乗用(営業用) 1,800円 3,500円 5,200円
四輪:乗用(自家用) 2,700円 5,400円 8,100円
四輪:貨物(営業用) 1,000円 1,900円 2,900円
四輪:貨物(自家用) 1,300円 2,500円 3800円

軽自動車・125ccを超えるバイクを取得した場合、名義変更、または廃車する場合の手続方法は、鹿児島県軽自動車協会(〒891-0131 鹿児島市谷山港2-4-3 電話番号:099-261-4011)におたずねください。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課市税係
電話番号0997-22-1111(内線 229・233)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ