犬の登録及び狂犬病予防注射の実施について

 犬を飼うときは、一生に1回の犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射を受けなければなりません。
 狂犬病予防注射の実施については、毎年4月頃に実施します。また、動物病院で受けることもできます。農作物や人に被害を与えないよう犬の放し飼いはせず、必ず鎖等でつないで飼いましょう。

犬の画像です。

狂犬病とは

  • 狂犬病は人をはじめ、すべての哺乳類及び鳥類に感染します。
  • 現在のところ治療法もなく、一度発病してしまうと必ず死亡してしまう恐ろしい病気です。
  • この病気は、主として狂犬病に罹患した犬に咬まれた時に、唾液中に含まれる狂犬病ウイルスにより感染します。
犬の画像です。

狂犬病を防ぐには

  • 狂犬病は現在のところ、一度発病すると治療法はほとんどありません。そのため予防が極めて重要になってきます。そこで重要となるのが狂犬病予防接種です。

狂犬病予防法とは

  • 狂犬病予防法は、狂犬病のまん延を防ぐことを目的としています。そのために、犬の飼い主にはいくつかの義務が課せられています。
  • この法律では、犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村に登録の申請をし、鑑札の交付を受けなければならないと定められています。
  • 狂犬病予防注射についても、室内犬を含む生後91日以上の犬を所有する者は、毎年1回狂犬病予防注射を受けさせなければならないと定められています。

狂犬病予防注射の料金について

 

予防注射の料金

予防注射の種類

料金

狂犬病予防注射料金

(県獣医師会手数料)

2,850円

狂犬病予防注射済票交付手数料

(市町村手数料)

550円
合計 3,400円

 

犬の画像です。

犬の登録と狂犬病予防注射について

  1. 対象となる犬   生後91日以上の犬
  2. 手数料(つり銭のいらないようご準備ください)
    ・登録済みの犬     3,400円(集合注射の料金)
    ・未登録の犬        6,400円(登録手数料3,000円+集合注射の料金3,400円)

各実施場所と予定時刻

平成30年度犬の登録及び狂犬病予防注射(集合注射)は次のとおり再実施いたします。

 

犬の登録、狂犬病予防注射は下記動物病院等でも随時受け付けています。

一覧
場所 登録 予防注射 電話番号
市役所市民生活課環境安全係 不可 0997-22-1111 内線304
種子島ペット病院 0997-23-3056 (美浜町)
エムズ動物病院 0997-23-6655 (川迎)
さかぐち動物病院 0997-27-3001(中種子町)
ベニーペットクリニック 0997-24-2058 (中種子町)

犬が行方不明になったとき・死亡したとき、飼い主が変わったとき、飼い主の住所が変わったときは、市役所市民生活課環境安全係に届出が必要です。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活課環境安全係
電話番号0997-22-1111(内線304)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。