水道料金について

大切なお知らせ

消費税率変更に伴う水道料金の取扱いについて

 平成26年4月1日より消費税率が8%に変更されますが、水道料金に係る消費税率については5月検針分(4月使用分)より消費税率8%が適用されます。
 したがいまして、4月検針分(3月使用分)は消費税率5%が適用されますのでご留意願います。
 ただし、4月中に水道を閉栓されるお客さま(4月のみ使用)については4月分(4月検針分)であっても消費税率8%が適用されます。

水道料金を9月検針分(8月使用分)から改定しました

 西之表市給水条例の一部を改正する条例が6月の定例市議会で慎重審議の上、可決され、水道料金が平均8.09%値上げされます。また、これまで上水道事業と簡易水道事業(国上・南部簡易水道給水区域)において単価差のあった、使用量31立方メートル以上の従量料金単価(使用量に応じて変わる単価)について単価差をなくしたことにより、水道料金が統一されます。

水道料金改定の経緯について

 現行の水道料金については、平成14年度において、平成11年度の阿曽浄水場更新事業や平成13年度の豪雨災害により多額に発生した赤字額に対応するため改定したものでありますが、災害被災後の負担増を少しでも軽減することも考慮し、赤字解消に至らない料金改定となっておりました。

 平成14年度料金改定以後においては、当面の間、料金改定に依らない赤字額の削減に取り組み、収益面では、

  1. 滞納整理強化による不納欠損費用の発生抑制
  2. 水道料金で賄うべきではない費用(消火栓・児童手当・基礎年金に要する経費等)の一般会計繰入開始

費用面では、

  1. 業務の効率化・見直しによる職員3名削減
  2. 経営健全化計画策定による高金利企業債の借換による支払利息の軽減
  3. 補助率の高い補助事業の活用による施設更新時の企業債発行抑制
  4. 施設更新時の規模縮小化更新・施設寿命の長命化等

に取り組み、平成15年度決算時の単年度発生赤字額5,200万円を、平成24年度決算見込みでは1,100万円まで削減してきております。

 このような収益・費用面の取り組みを行い、以前に比べ経営効率化は図られていますが、人口減少に伴う給水収益の減少は毎年度平均して上水道事業で約370万円、簡易水道事業で約250万円発生しており、取り組みだけでは赤字解消は難しい状況となっております。

 水道事業は装置産業と呼ばれ、先に給水サービス(飲用水を各家庭まで管路等を用い圧力給水すること)を行うために必要な装置の整備を行い、整備費用を水道施設の使用料として料金で回収する産業であることから、水道施設を使用した人が使用した分だけ使用料を支払うという考え方のもと、行政から分離され独立採算の企業形態で経営されております。
 経営赤字のままだと、将来世代の費用負担の増大を招き、世代間の不公平を大きくすることになりますので、出費が多い中誠に恐縮ですが、今回の料金値上げについての皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

 水道料金は、西之表市給水条例によって定められています。
「基本料金」と「従量料金」を合計した金額と、その金額に基づく消費税額との合計が、水道料金として請求されます。
 具体的な計算方法については、下記の表及び計算例をご確認ください。

料金区分(平成25月9日検針分[8月使用分から])

基本料金:メーターの口径に応じて金額が異なります。

基本料金表
メーターの口径 1ヶ月の単価
13ミリ 900円
20ミリ 1,800円
25ミリ 3,000円
40ミリ 9,000円
50ミリ 13,000円
75ミリ 35,000円

単価については消費税抜き

従量料金:1ヶ月の使用量が含まれる区分に対応する単価に、 その月の使用量(全量)を掛けた額となります。

従量料金表
使用量 1立方メートルあたりの単価
1~5立方メートル 105円
6~10立方メートル 135円
11~30立方メートル 165円
31~50立方メートル 195円
51立方メートル以上 225円

計算の方法

(例)一般家庭用13ミリ口径で1か月に20立方メートル使用した場合

 料金 = [基本料金] 900円 + [従量料金] 3,300円 + [消費税] 336円 =4,536円

説明

  •  基本料金 : 上記の表より「13ミリ」の区分は「900円」となります。
  •  従量料金 : 「20立方メートル」は上記の表の中で、「11~30立方メートル」の区分に含まれるので単価は「165円」が適用されます

 従量料金 = 使用量 × 単価 = 20立方メートル × 165円 =3,300円
 消費税 : (900円 + 3,300円) × 0.08 = 336円(1円未満端数切捨) 

水道料金のお支払について

 水道料金は、毎月月末が支払期限となっていますので、期限内にお支払ください。
 支払期限を過ぎますと督促料並びに延滞金(年利14.6%)が発生し、給水停止となりますのでご注意ください。

水道料金お支払は口座振替が便利です(手続きは市内各金融機関窓口で)

 水道料金の口座振替の引き落とし日は、毎月26日です。(土曜日・日曜日・祝日のときは、翌営業日になります。)
 残高不足等で引き落としできなかった場合は、再度翌月10日に引き落としますが、再振替でも引き落としできなかった場合は、振替不能となり、直接水道課窓口でお支払いいただくことになります。

 水道課から振替不能の通知をしませんので、口座の通帳記帳や検針票の下部の口座振替済書兼領収書にてご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

水道課管理係
電話番号0997-22-1111(内線 287)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。