ごみ分別の手引き

ごみ分別の手引きの表紙、中央に種子島清掃センター全体を上空から見たイラストがあります。

1 はじめに

 西之表市と中種子町で構成する種子島地区広域事務組合が下西校区の上石寺地域に建設していた新しいごみ処理場(名称:種子島清掃センター)を建設し、平成24年4月2日から稼動しています。
 この施設では、不燃ごみ、粗大ごみなどを破砕処理し、鉄やアルミなどの資源物、可燃ごみ、埋め立てごみに選別することで、資源物のリサイクルと埋め立て量の大幅な削減が図れます。また、扇風機などの小型家電や蛍光管のリサイクル処理などができるようになったことから、皆様の利便性の向上とリサイクルの推進を図るために、平成24年4月からごみの出し方を変更することにしました。
 皆様におかれましては、この手引きをご覧いただき、ごみの分別と排出抑制に御協力くださるようお願いします。

注意:平成24年4月からの変更点
1.資源ごみに「乾電池類」、「蛍光管類・体温計」を追加します。
2.扇風機などの小型家電が、燃やせないごみ袋に入れて出せるようになります。
3.不燃ごみ、可燃ごみ、粗大ごみの持込み先が、種子島清掃センターに変ります。
4.牧之峯不燃物埋立地と川迎ごみ処理場を閉鎖することから、剪定枝、伐採木、竹、草などの取扱いが変ります。
5.廃食油のリサイクルを始めます。

2 家庭で誰でもできる「ごみ減量作戦」

分別しているイラスト

・生ごみはコンポストで堆肥にしましょう。
・生ごみを出す場合は水分を十分に切りましょう。
・資源ごみの分別を徹底しましょう。
・使い捨て商品の使用を控えましょう。
・過剰包装は断りましょう。
・マイバック運動を推進しましょう。
・物を最後まで大切に使いましょう。
・「めんどくさい」から「もったいない」へ気持ちを切り変えましょう。

3 廃棄物の種類

廃棄物種類の概要図

 私たちの暮らしに伴って発生するごみ(台所ごみ・空き缶など)、粗大ごみなどを家庭ごみ(一般廃棄物)といい、事務所・店舗や飲食店から排出されるごみを事業所ごみ(一般廃棄物)といいます。

・家庭ごみ排出者の義務
1.衛生自治会(町内会)に加入する。
2.収集(ごみステーション、拠点収集)場所へのごみ出し時間などルールを守る。
・ 事業所ごみ排出者の義務
1.事業所ごみも分別方法は、家庭ごみの分別と同様です。
2.事業所ごみの排出については、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「廃棄物処理法」と言う)上、ごみステーション及び拠点収集場所へは、排出できません。


(方法1) 自分で持込む。
 種子島地区広域事務組合及び市のごみ処理施設は、一般廃棄物を処理する施設です。産業廃棄物を処理する施設ではありません。
 また、事業所の一般廃棄物でも、処理が困難な物や一部の危険物などは受入出来ませんので専門業者へ処理を依頼してください。

(方法 2) 許可業者に収集運搬を委託する。
 ごみの収集運搬を委託する場合は、市が許可している一般廃棄物収集運搬業者と契約してください。

注意:事業所のごみ処理は事業者に責任があります!

廃棄物処理法第3条(抜粋)
 「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。」


(参考)  1階が店舗で2階が住居(自宅)の場合
 1階の店舗から排出されるごみは、事業所ごみとして処理をお願いします。
 また、2階部分の家庭から排出されるごみは、家庭ごみとして処理できます。
 ただし、店舗からでる事業所ごみが少量であっても、2階の住居から排出される家庭ごみと一緒に家庭ごみのごみステーションや拠点収集には、出すことは出来ません。しっかり区分して出してください。

4 拠点収集で回収するもの

拠点収集区分表

ごみの区分

ごみの種類

分別品目名

出し方

資源ごみ

古紙類

1.新聞紙

ひもでしばる

資源ごみ

古紙類

2.段ボール

ひもでしばる

資源ごみ

古紙類

3.その他の紙

ひもでしばる

資源ごみ

びん類

4.無色透明びん

コンテナへ入れる

資源ごみ

びん類

5.茶色びん

コンテナへ入れる

資源ごみ

びん類

6.その他のびん

コンテナへ入れる

資源ごみ

空き缶類

7.スチール缶

コンテナへ入れる

資源ごみ

空き缶類

8.アルミ缶

ネットへ入れる

資源ごみ

ペットボトル

9.ペットボトル

ネットへ入れる

資源ごみ

発砲スチロール

10.発砲スチロール

ネットへ入れる

資源ごみ

白色トレイ

11.白色トレイ

ネットへ入れる

資源ごみ

乾電池類

12.乾電池類

コンテナへ入れる

資源ごみ

蛍光灯、体温計

13.蛍光灯、体温計

コンテナへ入れる

不燃ごみ

不燃ごみ

14.燃やせないごみ

指定袋(燃やせないごみ)に入れる

注意:事業所ごみは、拠点収集場所には出せません。

拠点取集について
必ず決められた収集日と時間内に
しっかり分別をお願いします。

1.衛生自治会(町内会)に加入しましょう。

2.拠点収集日と時間を守りましょう。

3.当番員(役員)の指示に従いましょう。

4.独居老人等運搬手段の無い方へは、隣接、ご近所の方が「声かけ」をして頂き、拠点収集場所まで持って行ってあげましょう。

5 ごみステーションで回収するもの

可燃ごみの例
ごみの種類 ごみの例 出し方

可燃ごみ

生ごみ、衣類、革製品(くつ、かばんなど)、ビニール製品、菓子袋、音楽テープ、ビデオテープ、プラスティック類、汚れた紙類、色つきトレイなど

指定袋(燃やせるごみ)に入れる

注意:事業所ごみは、ごみステーションには出せません。

6 直接処理施設へ持ち込むもの

ごみの種類別持ち込み先区分表
ごみの種類 説明 持ち込み先

粗大ごみ

・指定袋に入らない大きさのもの(タンス、ストーブ、ソァー、机、自転車など)。

・タンスなどの引き出しがあるものは、中身をすべて出してから持ち込んでください。

・ストーブ、石油ファンヒーターなどは、燃料を取り除いてから持ち込んでください。

種子島清掃センター(上石寺)

廃食油

・てんぷら油、サラダ油などの植物性食用油のリサイクルにご協力いただける場合は、種子島清掃センターに持ち込んでください。

種子島清掃センター(上石寺)

その他

・ふとん、毛布、じゅうたん、カーペット、タオルケットが燃えないごみ袋に入りきらない場合は、種子島清掃センターに直接持ち込んでください。

種子島清掃センター(上石寺)

剪定枝、伐採木、竹、草

・旧牧之峯不燃物埋立地敷地内仮置き場では、剪定枝、伐採木、竹、草に別けておいていただきますので、トラックの荷台の前の方に草をのせ、後ろの方に竹を乗せるなど剪定枝、伐採木、竹、草に分別して持ち込むか、伐採した林地などで自然還元してください。なお、60センチメートル以内に切れば種子島清掃センターにおいて有料で受け入れますが、ごみ減量化のためにできるだけ持ち込まないでください。

・ごみ袋2、3袋程度であれば、ごみステーションに燃やせるごみ袋に入れて出すことができます。

夾竹桃(キョウチクトウ)など毒性のあるものは旧牧之峯不燃物埋立地敷地内仮置場では受け入れません。

・持込まれた剪定枝、伐採木は、破砕して牛の敷料に使用も検討しています。夾竹桃が含まれていると、誤って牛が口にした場合死に至る恐れがありますので、夾竹桃(キョウチクトウ)の枝や葉などが混ざっている可能性がある場合は、絶対に持込まないでください。

旧牧之峯不燃物埋立地敷地内仮置場(牧之峯)

夾竹桃の写真

注意:引越など多量にごみが出る場合は、種子島清掃センターに直接持込んでください。

7 処理できないもの

家電リサイクル法対象商品について

1.対象品:テレビ、エアコン、冷凍冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機
2.家電リサイクル法により製造メーカーがリサイクルしますので、家電販売店などにリサイクル料金などを支払い、引取りを依頼してください(リサイクル料金などがかかる。)。

パソコンリサイクルについて

1.対象品:液晶ディスプレイ、CRT ディスプレイ、ノートパソコン、パソコン本体

パソコンリサイクルたい商品のイラスト

2.家庭用パソコンは、「資源有効利用促進法(平成15 年 10 月)」に基づきパソコンメーカー等による回収リサイクルが始まり、パソコンユーザーの皆さんは、この取り組みに協力することが求められています。
3.家庭用パソコンの回収やリサイクルについては、パソコンメーカー各社の WEB サイト等で確認ください。
4.パソコンリサイクルマークがあるものは、無料で回収できます。

パソコンリサイクルマークのイラスト

注意:一般家庭のワープロ、プリンター等は、燃やせないごみで出す。

自動車リサイクルについて

1.家庭で使用しているほとんどの自動車が対象です。
2. 平成17 年 1 月「自動車リサイクル法」では、メーカー、関連事業者、クルマの所有者の役割を定めており、クルマの所有者は、リサイクル料金を支払う必要があります。
3.販売業者等に処理を依頼してください。
注意:対象外となる自動車
 被けん引車、二輪車(原動機付自動車、側車付のものを含む)、大型特殊自動車、小型特殊自動車、その他(スノーモービル等)

・廃車時に確認すべきこと
・廃車は、自治体に登録された引取業者に渡す。
「引き取り証明書」を忘れずに受け取る。

自動車引き取り証明書のサンプル

二輪リサイクルの対象について

1.オートバイ及び原付自転車がリサイクルの引き取り対象となります。
2. 平成16 年 10 月以降、販売時より車体に二輪車リサイクルマーク(下図)が添付。
3.このマークのある車両は、廃棄時にリサイクル料金の負担はありません。
 ただし、収集及び運搬料金が別途必要です。
4.廃棄二輪車取扱店(販売店)等に依頼してください。

廃棄二輪車取扱店のマーク

・リサイクルマーク貼付場所について

二輪リサイクルマークの添付場所の例

注意:リサイクルマークのついた車両は、廃棄時にリサイクル料金の負担はありません。

その他処理できないものについて

1.産業廃棄物、医療廃棄物
2.電子レンジ、オイルヒーター、電気カーペット、バッテリー、自動車やバイクなどのタイヤ、農業資材、農機具、農薬類、薬品缶、ガスボンベ、消火器、油類、エンジン付き器具(草刈機、チェーンソーなど)、漁船など
3.土、砂、石、墓石
4.各専門業者及び販売業者等に処理を依頼してください。

処理できないもののイラスト

・産業廃棄物とは?
事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、廃棄物処理法で規定された 20 種類をいいます。ここでいう事業活動には、製造業や建設業などのほか、オフィス、商店等の商業活動や、水道、学校等の公共事業も含まれます。事業活動に伴って排出される廃棄物であっても法で規定された 20 種類に該当しないものは一般廃棄物であり、事務所などからの紙くず、段ボール、飲食店からの残飯、小売店からの野菜くずなどは「事業系一般廃棄物」と呼ばれています。


【法で規定された20種類】
(1) 燃え殻、(2) 汚泥 、(3) 廃油、(4) 廃酸、(5) 廃アルカリ、(6) 廃プラスチック類、(7) ゴムくず、(8) 金属くず、(9)ガラスくずやコンクリートくず及び陶磁器くず、(10) 鉱さい、(11) がれき類、(12) ばいじん、 (13) 紙くず、(14)木くず、(15) 繊維くず、(16) 動植物性残さ、(17) 動物系固形不要物、(18) 動物のふん尿、(19) 動物の死体、(20)上記に掲げる産業廃棄物を処分するために処理したものであって、上記の産業廃棄物に該当しないもの


・産業廃棄物の処理については?
注意:産業廃棄物処理業者へお問合せください。

8 直接処理施設へ持ち込む場合

直接処理施設へ持ち込む場合の案内表
ごみの種類 持込み先 持込める時間
古紙類(新聞紙、段ボール、その他の紙) 種子島クリーン産業(下石寺)
電話:0997-23-5005

持込み時間
月曜から土曜
・9時~12時
・13時~17時
休業日
・日曜
手数料
・無料

びん類(無色透明びん、茶色びん、その他のびん) 西之表ストックヤード(旧川迎ごみ処理場)

持込み時間
月曜から土曜
・8時30分~17時
休業日
・日曜
手数料
・無料

空き缶類
  (アルミ缶)
大迫産業(上野原町)
電話:0997-23-1037
持込み時間
月曜から土曜
・8時~17時
休業日
・日曜、祝日
手数料
・無料
空き缶類
  (スチール缶)
大迫産業(上野原町)
電話:0997-23-1037
持込み時間
月曜から土曜
・8時~17時
休業日
・日曜、祝日
手数料
・無料
ペットボトル 中種子清掃センター(野間)
電話:0997-27-2413
持込み時間
月曜から土曜
・8時30分~17時
休業日
・日曜
手数料
・無料
発泡スチロール、白色トレイ 西之表清掃社倉庫(上野原町)
電話:0997-22-1620

持込み時間
月曜から金曜
・8時~17時
土曜、祝日
・8時~12時
休業日
・日曜
手数料
・無料

乾電池類、蛍光管類、体温計、不燃ごみ、可燃ごみ、粗大ごみ、廃食油

種子島清掃センター(上石寺)
電話:0997-22-0004


注意:可燃ごみでロープなどの長いものは60センチメートル以内に切って持ち込んでください。

持込み時間
月曜から土曜
・8時30分~17時
休業日
・日曜

・ごみ処理手数料について
1回の搬入量が、50キログラム以下は250円、50キログラムを超える分は、10キログラム増すごとに50円を追加。ただし、10キログラム未満は10キロとみなします。

・廃食油のみを持ち込む場合は無料です。

剪定枝、伐採木、竹、草 旧牧之峯不燃物埋立地敷地内仮置場(牧之峯)

持込み時間
月曜から土曜
・13時~17時
日曜
・9時~11時30分
・13時~17時
手数料
・無料

持込み場所の地図は「12ごみ処理施設の場所」をご覧ください。

不法投棄について
 廃棄物処理法で、1千万円以下の罰金または、5年以下の懲役もしくはその両方など、罰則が規定されている「犯罪行為」ですので、絶対にしないでください。

不法投棄の現場の写真

野焼きについて

野焼きの現場写真

 適法な焼却施設以外で廃棄物(ごみ)を燃やすことを『野焼き』と言い、廃棄物処理
法で原則として禁止されています。

 「野焼き」には、地面で直接焼却を行う場合だけでなく、ドラム缶・ブロック囲い・素
掘りの穴・法で定められた基準を満たしていない焼却炉での焼却行為なども含まれ、
一般家庭でのごみの焼却行為はほとんど「野焼き」に該当するものと考えられます。

野焼きは法律で禁止されています

・罰則規定
 平成 13 年施行の廃棄物の処理及び清掃に関する法律並びにそれに基づく「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」により、風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却や、農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却など以外は禁止されている。
 同法により違反した者は五年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその両方を科せられる。

・焼却禁止の例外となる廃棄物の焼却
(1) 国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却。
(2) 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要
な廃棄物の焼却。
(3) 風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却。
(4) 農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却。
(5) たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの。

注意:「軽微」とは、煙の量や臭い等が近所の迷惑にならない程度の少量の焼却のことです。周辺住民から苦情が生じた場合は、軽微な焼却とは認められませんのでご注意ください。

・廃棄物の処理及び清掃に関する法律
 第 16 条の2
 何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。
(1)一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従って行う廃棄物の焼却。
(2)他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却。
(3)公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの。


・悪臭防止法
 第 13 条
 何人も、住居が集合している地域においては、みだりに、ゴム、皮革、合成樹脂、廃油その他の焼却に伴って悪臭が生ずる物を野外で多量に焼却してはならない。

 

9 分別方法

9-(1)資源ごみ

9-(1)-1新聞紙(古紙類)

新聞紙の出し方

1.チラシは「3その他の紙」で出す。
2.開いて平たくして「ひも」で十字に縛る。
3.拠点収集場所に出す。

9-(1)-2段ボール(古紙類)

段ボールの出し方

1.ガムテープ、ビニール、送り状、金具等は、取り外す。
2.開いて平たくして「ひも」で十字に縛る。 (飛散しないようにする。)
3.拠点収集場所に出す。

9-(1)-3その他の紙(古紙類)

その他の紙の出し方

1.ひもで十字に縛る。
2.拠点収集場所に出す。

注意:その他の紙でないもの
ビニールコート紙、写真、防水加工紙、感熱紙等の禁忌品は、「燃やせるごみ」で出す。

 

左の図は「菓子箱、ティッシュの紙箱、紙袋」の場合の例、右の図は「たばこの紙箱」の場合の例
ラップ類の紙箱の場合の例

ラップ類の紙箱の場合
1.分解する。
2.本体は、平らにする。
3.本体と筒は、「3その他の紙」で出す。
4.ラップ切り口は、材質により「燃やせないごみ」又は「燃やせるごみ」で出す。

容器製の紙筒の場合の例

容器製の紙筒の場合
1.表示マークを確認。
2.分解する。
3.筒底(スチール)は、「14燃やせないごみ」で出す。
4.他は、「燃やせるごみ」でだす。

紙パックの場合の例

紙パックの出し方

紙パックの場合
1.分別がわからない場合は、本体の識別表示マークを確認する。
2.注ぎ口は、必ず取りはずす
3.紙パックは洗浄する。

注意
 紙製容器包装識別マークは、紙製の容器や包装であればすべてに表示が義務付けられています。
 このマークが表示されていても、次のものは「燃えるごみ」で出してください。
・アルミ箔の紙(内側が銀色の紙パック、カップめんなどの裏が銀色のふた、たばこやガムの包み紙など)
・防水加工がしてある紙(ヨーグルトやカップめんの紙製容器、紙コップなど)
・写真の紙(写真、プリンター用の写真用紙)
・カーボン紙(宅配便の複写伝票など)
・感熱紙(ファックス用紙やレシートなど)
・シール紙(粘着シールなど)
・圧着ハガキ(親展ハガキ)
・ビニールコート紙(ビニールで表面が加工されている紙)
・シュレッダーで裁断した紙
・アイロンプリントで使用されている捺染紙(絵柄などを布地にアイロンで加熱してプリントする際に使う紙)
・臭いのついた紙(線香や洗剤の紙箱、石鹸の包み紙)

紙の識別マーク

9-(1)-4無色透明びん(びん類)

無色透明瓶について

透明瓶の識別の仕方

金属製キャップの写真

注意:金属類のキャップは、「燃やせないごみ」で出す。

プラスティック製キャップの写真

注意:プラスチック類のキャップは、「燃やせるごみ」で出す。

無色透明びん用コンテナの写真。必ず洗ってください。

1.キャップ・ふた(内ぶた)は、必ず取り外す
2.びんは、必ず洗浄する!
3.拠点収集場所のコンテナに入れる。

・汚れているびん
・無色透明色のガラスコップ(ガラス類)
・うすい青色が入っているびんなど

透明なガラス製コップ

間違えないで!
 透明なガラス製のコップは、「燃やせないごみ」で出す。

確認する!
 料理酒などのびんで、うすい青色が入っているびんがあります。無色透明ではないので「6その他のびん」で出す。

料理酒びん

9-(1)-5茶色びん(びん類)

茶色瓶について
注意:割れたびんのかけらは、「燃やせないごみ」で出す。

金属製のキャップの写真

注意:金属類のキャップは、「燃やせないごみ」で出す。

プラスティック製のキャップの写真

注意:プラスチック類のキャップは、「燃やせるごみ」で出す。

茶色びん用コンテナ写真

1.キャップ・ふた(内ぶた)は、必ず取り外す
2.びんを必ず洗浄する!
3.拠点収集場所のコンテナに入れる。

ウィスキーびんの写真

間違えないで!
 よく『緑黒色』のウイスキーのびんが茶色びんに入っています。「6その他のびん」になります。

9-(1)-6その他のびん(びん類)

その他の便について
注意:割れたびんのかけらは、「燃やせないごみ」で出す。

シールやラベルは、付いたままでも大丈夫です!

 

キャップの写真

金属製のキャップ・ふたは、「燃やせないごみ」で出す。
プラスチック製のキャップ・ふたは、「燃やせるごみ」で出す。

その他のビン用コンテナの写真

1.キャップ、ふた(内ぶた)は、必ず取り外す
2.びんを必ず洗浄する!
 汚れが取れにくい場合は、水につけてから洗浄すればきれいになります。
3.拠点収集場所のコンテナに入れる。
 分別が悪いと、リサイクルできません。しっかり色別(1無色透明、2茶色、3その他の色)に分別をお願いします。
 また、びん類は、長期間保管するため、害虫や悪臭を防ぐため、しっかり洗浄してから出してください。

9-(1)-7スチール缶(空き缶類)

スチール缶について

1.中身を取り除き、必ず洗浄する。
2.潰さないで、拠点収集場所のコンテナに入れる。
 なお、キャップ・ふたについては、材質表示によりスチールの場合は「7スチール缶」で、アルミの場合は「8アルミ缶」で出してください。

スチール缶用コンテナの写真

・缶の中にタバコなどを絶対に入れない。
・缶類は、潰さない
・ラベルは、はがしてください。

【 お願い 】
 回収された缶類は、中間処理機で圧縮されます。
 缶類を潰して出すと、適正に圧縮できない場合がありますので「缶類は潰さないで!」出してください。

缶のプルタブの写真

タブははずさないでください!

 缶類のタブは、タブが口金とともに切り取れることで以前は環境問題の原因にもなったことから、現在では、タブが外れないようステイオンタブ式になっています。
 一部でタブだけを集めている活動がありますが、アルミ缶リサイクル協会では、思いがけないケガや事故を防ぐためにも、タブだけを切り取って集めるのではなく、缶ごとの回収をお願いしています。

9-(1)-8アルミ缶(空き缶類)

アルミ缶について

1.中身を取り除き、必ず洗浄する。
2.潰さないで、拠点収集場所のネットに入れる。なお、キャップ、ふたについては、材質表示によりスチールの場合は「7スチール缶」で、アルミの場合は「8アルミ缶」で出してください。

アルミ缶用ネットの写真

・缶の中にタバコなどを絶対に入れない。
・缶類は、潰さない。
・ラベルは、はがしてください。

【 お願い 】
 回収された缶類は、中間処理機で圧縮されます。
缶類を潰して出すと、適正に圧縮できない場合がありますので「缶類は潰さないで!」出してください。

プルタブの写真

タブははずさないでください!

 缶類のタブは、タブが口金とともに切り取れることで以前は環境問題の原因にもなったことから、現在では、タブが外れないようステイオンタブ式になっています。
 一部でタブだけを集めている活動がありますが、アルミ缶リサイクル協会では、思いがけないケガや事故を防ぐためにも、タブだけを切り取って集めるのではなく、缶ごとの回収をお願いしています。

9-(1)-9ペットボトル

ペットボトルの出し方について

1.キャップ、ラベルをはがす。
2.プラスチック類は、 「燃やせるごみ」で出す。
ペットボトルの出し方の写真
3.中をすすぐ。
4.水切りをする。
5.拠点収集場所の「ネット」に入れる。


【お願い】
・ペットボトルに異物を入れないでください。
・潰さないで出してください。
(少しだけ潰れたものも出せます。)

ペットボトル用ネットの写真
ペットボトルとして出せないものの写真

ペットボトルとして出せないもの
・よごれたペットボトル。
・工作したペットボトル。
・プラスチック類のボトル など

「燃やせるごみ」で出す。

9-(1)-10発泡スチロール

発泡スチロールについて
必ず洗浄してください

1.シールやラベルは、はがす
2.必ず洗浄する。
3.拠点収集場所の「ネット」に入れる。

洗浄しても汚れが落ちないものは、「燃やせるごみ」で出す。

発泡スチロール用のかごの写真

 

9-(1)-11白色トレイ

白色トレイについて

必ず洗ってください

1.シールやラベルは、はがす
2.必ず洗浄する。
3.拠点収集場所の「ネット」に入れる。

洗浄しても汚れが落ちないものは、「燃やせるごみ」で出す。

トレイを出すネットの写真

9-(1)-12乾電池類

乾電池類について

乾電池のイラスト

1.液漏れしている乾電池は、ふき取ってから出す。
2.拠点収集場所の「コンテナ」に入れる。

乾電池用コンテナの写真

注意:乾電池類に該当しないもの
・小型二次電池(充電式電池)
・携帯電話の電池
・自動車用のバッテリー

・小型二次電池(充電式電池)は、販売店などの「リサイクルボックス」を活用する。
・携帯電話の電池は、携帯電話本体といっしょに販売元に出す。

9-(1)-13蛍光管類、体温計

蛍光管類について

蛍光管類のイラスト

1.拠点収集場所「コンテナ」に入れる。

21-4

 ・割れた蛍光灯などは、紙に包んで袋に入れて出す。

9-(2) 不燃ごみ

燃やせないゴミについて

・陶磁器類
茶碗、皿、花びんなど

・金属類
なべ、釜、スプーンなど

・ガラス類

ガラス類を出す場合の注意
  危険なものは紙に包んで、指定ごみ袋に「ガラス」と書いて出す。


・ガス缶類
 カセットコンロ用ボンベ、スプレー缶など

ガス缶類を出す場合の注意
  ・ガス管類は、使い切ってから穴をあけずにコンテナに入れてください。
  ・キャップ等は、プラスチック製の場合は燃やせるごみに出してください。


・小型家電
 ゲーム機、扇風機、炊飯器、電気ポットなど

燃やせないゴミの写真

小型家電を出す場合の注意

・電気、電池で動く小型家電で、市指定の燃えないごみ袋に入る大きさのもの。
・電池式の小型家電製品等は、必ず電池を取り外す。
・テレビ、エアコン、冷凍冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機は、家電リサイクル法により製造メーカーがリサイクルしますので、家電販売店などにリサイクル料などを支払い、引き取りを依頼してください。(リサイクル料金などがかかる。)
・ノートパソコン、パソコン本体、ディスプレイなどの家庭用パソコンの処理方法は、パソコンメーカー各社のウェブサイトなどで確認してください。
・電子レンジ、オイルヒーター、電気カーペットなどの種子島清掃センターで処理できないものについては、大迫産業(上野原、電話23-1037)か西之表清掃社(西町、電話22-1620)に処理を依頼してください。

 

(1) 指定ごみ袋に入れて拠点収集場所に出す。

燃やせないゴミ袋の写真

 じゅうたん、布団、毛布、タオルケットは、燃えないごみ袋に入れた場合は拠点収集に出せますが、破砕機の故障の原因となりますので、他の燃えないごみと一緒に入れないでください。
 なお、燃えないごみ袋に入りきらない場合は、種子島清掃センターに直接持ち込んでください。

9-(3) 可燃ごみ

燃やせるごみについて

衣類やおもちゃなどについている金具は、出来る限り取り外してから出してください。

・プラスチック製品
 容器包装類の外装フィルム、容器類のプラスチック製キャップ、容器包装類のボトル、カセットテープ、ビデオテープ、雨合羽、プラスチック製のペン類など
 

燃やせるごみの写真

プラスチック類表示の例

プラスティック類のマーク


・皮、ゴム製品類
 カバン類、帽子類、水枕、ゴム手袋、雨靴など

・リサイクルできない紙類
 写真、感熱紙、カラーコピー用紙、カーボン紙、アルミ紙(箔)、防水加工紙(紙パック除く)、汚れた紙など
          

・その他の燃やせるごみ
 タバコの吸殻、保冷剤、乾燥剤、CD、DVD、粘着テープ類、使捨ライター、使捨カイロ、生理用品、紙おむつ、下着類、生ごみなど

生ごみは、コンポスト、電動生ごみ処理機による堆肥化をご検討ください。

23-3

お願い
 店舗、旅館などから排出されるごみは、事業系ごみです。拠点収集には出せませんので、許可業者に収集運搬を委託するか、直接種子島清掃センターまで、持込んでください。

 

(1) 指定ごみ袋に入れて、決められた収集日の午前8時までに、ごみステーションに出してください。

燃やせるごみの袋の写真

燃やせるごみとして出せないもの
 ・拠点収集で回収するもの
 ・粗大ごみ(市営ごみ袋に入らない大きさのもの)

注意
ロープなどの長いものを種子島清掃センターの焼却炉に投入すると投入口がふさがったりごみが詰まる原因となりますので、ロープなどは60センチ以内に切ってからごみに出してください。

 

燃やせるごみの出し方の写真

お願い
 ・衛生自治会(町内会)に加入する。
 ・生ごみの減量化に協力する。
 ・マナーとルールを守る。
 ・ごみステーションは、集落公民館で管理していますので、絶対に他の地域のごみステーションには、出さないでください。

ごみ分別よりごみの減量化が重要です

お願い
・ロープなどの長いものを種子島清掃センターの焼却炉に投入すると投入口がふさがったり、ごみが詰まったりしますので、60センチ以内に切ってごみに出してください。
・ふとん、毛布、じゅうたん、カーペットは、種子島清掃センターのリサイクル施設の機械で裁断してから焼却炉に投入するので、種子島清掃センターに直接持ち込んでください。

9-(4) 廃食油

廃食油について

 サラダ油などの食物性食用油は、バイオディーゼル燃料などにリサイクルする予定です。リサイクルに協力いただける場合は、種子島清掃センターに持ち込んでください。

廃食油の写真

(1) 揚げ物のかす等の不純物は、取り除く。

注意:家庭で廃食油(食用油)を保管する場合、熱いままの油を保管用の容器にいれると非常に危険です。よく冷ましてから保管容器に入れてください。

廃食油はごみをこしてください 


(2) 使用済み(購入時)の容器等に入れて保管する。

廃食油の出し方のイラスト

(3) 種子島清掃センターに持ち込む。

絶対に混ぜないでください。
  ・動物性の油(ラード、バター、マーガリン)
  ・工業用油
  ・エンジンオイル
  など

エンジンオイルは出せません

廃食油はバイオディーゼル燃料に代わります

10 ごみの出し方検索

家庭から出るごみの品目ごとに、出し方の検索できます。

また、お住まいの地域のごみ収集日の確認ができます。

11 ごみ処理施設の場所

ごみ処理施設の受け入れ時間と場所

紙類
(新聞紙、段ボール、その他の紙)


種子島クリーン産業(下石寺)
電話:23-5005
・受入日:月曜日から土曜日
       9時から12時及び13時から17時
・休日:日曜日
・手数料:無料

クリーン産業への地図

びん類
(無色透明びん、茶色びん、その他のびん)


西之表ストックヤード
(旧川迎ごみ処理場)
・受入日:月曜日から土曜日
・休日:日曜日
・手数料:無料


西之表市特区ヤードまでの地図

空き缶類
(平成30年度は受け入れできません。)


牛嶋産業(洲之崎)
電話:22-0296
・受入日:月曜日から土曜日
       8時から17時
・休日:日曜日、祝日
     第2、第4土曜日
・手数料:無料

牛島産業までの地図

空き缶類
(アルミ缶・スチール缶)


大迫産業(上之原町)
電話:23-1037
・受入日:月曜日から土曜日
       8時から17時
・休日:日曜日、祝日
・手数料:無料

大迫産業までの地図

ペットボトル


中種子清掃センター(野間)
電話: 27-2413
・受入日:月曜日から土曜日
       8時30分から17時
・休日:日曜日
・手数料:無料
中種子清掃センターまでの地図

発泡スチロール・白色トレイ


西之表清掃社倉庫(上之原町)
電話 22-1620
・受入日:月曜日から金曜日
       8時から17時
      土曜日及び祝日
       8時から12時
・休日:日曜日
・手数料:無料
西之表清掃車までの地図

乾電池類、蛍光管類・体温計、
不燃ごみ、可燃ごみ、粗大ごみ、
廃食油、小型家電


種子島清掃センター(上石寺)
電話28-3310
・受入日:月曜日から土曜日
       8時30分から17時
・休日:日曜日
・手数料 1回の搬入量が
1. 50キログラム以下は、250円
2. 50キログラムを超える分は、10キログラム
(10キログラム未満は10キログラムとみなす。)
増すごとに50円を加算
廃食油のみを持込む場合は無料。

種子島清掃センターまでの地図

剪定枝・伐採木・竹・草


旧牧之峯不燃物埋立地内仮置場(牧之峯)
・受入日:日曜日
          9時から11時30分
       13時から17時
      月曜日から土曜日
       13時から17時
・手数料:無料
剪定枝・伐採木・竹・草に分別して持ち込むこと。
牧之峯不燃物処理場までの地図

 

生ごみの減量に御協力ください。

 生ごみを減らすために、市と衛生自治会では、電動式生ごみ処理機とコンポスト容器の購入者に補助金を交付しています。
 詳しくは、市民生活課環境安全係にお問合せください。

・電動式生ごみ処理機とコンポスト容器を使うメリット
1.生ごみをその日に処理してしまうため、台所が衛生的になる。
2.ごみの量が減ることで、ごみを出す回数が減る。
3.ごみの量が減ることで、家庭で使用する有料ごみ袋が減る。
4.処理物は有機肥料として家庭菜園などに利用できる。

            生ごみ処理機のイラスト

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活課環境安全係
電話番号0997-22-1111(内線304)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ