西之表市研究協力校

1.趣旨

 本市における学校教育上の諸課題を研究し,教育方法の改善や生徒指導等の充実を図るために,研究協力校を委嘱して研究を推進するとともに,その成果を他校へ波及させる。

2.期間

 研究委嘱の期間は原則として2年とする。ただし,市教育委員会が特に必要があると認めるときは,延長することができる。

3.研究主題の設定

 研究主題は,委嘱の趣旨に基づき,学校及び地域の実情を勘案して設定する。

4.研究協力校の育成

 研究協力校に対しては,次の各号に掲げる研究上の援助を行って育成を図り,本市における研究推進の拠点とする。

  1. 指導助言者の派遣   
  2. 研究費の補助
  3. 資料の配布
  4. その他必要な援助

 

5.研究協力校の運営

  1. 運営は,学校長の責任において行い,研究が学校経営の中に正しく位置付けられるようにする。
  2. 自主的運営を基盤とし,学校の実態に基づいて具体的に研究を重ね,改善を図れるようにする。また,研究に深化と広がりを持たせるため,隣接校との相互交流や市教科・領域等部会との連携を図り,開かれた研究活動が行えるようにする。
  3. 研究の開始に当たっては,あらかじめ研究計画を策定し,当該研究計画に基づき研究する。
  4. 研究発表については,市教育委員会と協議して行うものとする。
  5. 報告
    ・指定1年目の学校は,中間報告(A4,2ページ)を文書やホームページにより行い,他校へ波及できるようにする。
    ・研究結果の報告は,研究発表及び研究紀要(リーフレット形式,内容は厳選)等により行い,他校へ波及できるようにする。
     

 

6.留意事項

研究協力校の委嘱に当たっては,学校数・学校規模及び地域等を考慮し,市全体として調和のとれた研究が推進できるように配慮する。

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育課管理・指導係
電話番号0997-22-1111(内線 255)
ファックス番号0997-22-0206メールフォームによるお問い合せ