後期高齢者医療保険

後期高齢者医療制度

少子高齢化にともない医療費が増大するなかで、医療保険制度を将来にわたり持続可能なものとして維持していくために、後期高齢者医療制度があります。

医療費は、全体の1割(現役並み所得者は3割)を被保険者が自己負担します。残りの給付を行うための財源は、公費(国、県、市町村)から約5割、後期高齢者支援金(現役世代の保険料)から約4割、後期高齢者医療保険料から約1割となっており、高齢者世代と、現役世代が公平に負担をしながら、社会全体で支えあう仕組みになっています。

 

運営主体

この制度の財政運営は都道府県単位で、全ての市町村が加入する「広域連合」が行います。鹿児島県内の全市町村が加入する「鹿児島県後期高齢者医療広域連合(外部サイトへリンク)」は、平成19年3月1日に設立され、平成20年4月から運営されています。
ただし、被保険者証交付や医療費支給申請の受付、保険料の通知・徴収等の事務は市町村が行います。

【広域連合の役割】保険料の決定、医療の給付など
【市町村の役割】各種届出の受付、保険料の徴収、保険証の交付など

 

届け出について

次のようなときは、届け出が必要です。以下の各手続きに必要なもの以外に、本人確認のため、マイナンバーカード(通知カード)、免許証等が必要です。

後期高齢者医療保険に加入するとき

 
こんなとき 手続きに必要なもの
西之表市に転入してきたとき 転出証明、印鑑
75歳に到達したとき 被保険者の通帳、印鑑
生活保護を受けなくなったとき 生活保護廃止証明書、印鑑
障害認定をうけるとき 障害者手帳、印鑑、被保険者の通帳

その他

 
こんなとき 手続きに必要なもの
被保険者証を紛失したり汚したとき 身分証明書、印鑑
住所・氏名・世帯主などが変わったとき 被保険者証、印鑑
世帯の合併、分離をしたとき 被保険者証、印鑑
死亡したとき 被保険者証、相続人の方の通帳、印鑑

 

 
サブ画像(大)

問い合わせ先

【保険料率・制度全般について】鹿児島県後期高齢者医療広域連合 電話099-206-1397

【各種届出について】健康保険課 国民健康保険係 電話0997-22-1111(内線311)
【保険料額・納付方法・口座振替について】税務課 市税係 電話0997-22-1111(内線229・233)
【納付相談について】税務課 滞納整理係 電話0997-22-1111(内線228)

 

鹿児島県後期高齢者医療広域連合
〒890-0064
鹿児島市鴨池新町7番4号(自治会館2階)
ホームページ:http://www.kagoshima-kouiki.jp/
電話:099-206-1397(代表)
ファックス:099-206-1395

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康保険課国保年金係
電話番号0997-22-1111(内線 305、308、311、312)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ