介護保険料について

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料

平成29年度の保険料の基準額は月額5,800円です。(基準額は3年ごとに見直されます。)そして所得に応じて次の図のように9段階に分けられ、保険料が決まります。

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料
対象者 年額保険料
第1段階
  • 生活保護受給者の方
  • 老齢福祉年金受給者で、世帯全員が市民税非課税の方
  • 世帯全員が市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が80万円以下の方

31,400円
(基準額×0.45)

第2段階 世帯全員が市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が80万円超120万円以下の方 52,200円
(基準額×0.75)
第3段階 世帯全員が市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が120万円超の方 52,200円
(基準額×0.75)
第4段階 世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が80万円以下の方 62,700円
(基準額×0.90)
第5段階 世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税の方で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が80万円超の方 69,600円
(基準額)
第6段階 本人が市民税課税の方で、前年の合計所得金額が120万円未満の方 83,600円
(基準額×1.20)
第7段階  本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の方 90,500円
(基準額×1.30) 
第8段階  本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の方 104,400円
(基準額×1.50) 
第9段階  本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上の方 118,400円
(基準額×1.70) 
  • 上表において世帯は、賦課期日(4月1日)時点で判断します。なお、新たに65歳になった人は「誕生日の前日」時点、また転入者は「転入日」時点で判断します。
  • 年度途中で新たに65歳になった人、または市外からの65歳の転入者は、月割により保険料を計算します。
  • 転入者等で、住民税の課税状況などが確認できるまでの間「第5段階」で賦課することがあります。
  • 納め方は、年金の支給の有無等によって方法が異なります。

「年金月額15,000円以上の人」

年金の定期支払い(年6回)の際に年金から保険料が天引きされます。(老齢福祉年金のみの方は年額に関係なく、特別徴収されません。)
8月末までは、前年度保険料を基に仮徴収保険料として天引きします。年額保険料が確定した後、その差額分を本徴収保険料で調整します。

「年金月額15,000円未満の人、又は、年金の支給のない人」

市から送付された納付書で納めていただきますが、支払いに便利な口座振替もできます。

各納期

第1期4月末、第2期6月末、第3期8月末、第4期10月末、第5期12月25日、第6期2月末
末日が土曜日・日曜日・祝日の場合は、翌月の最初の営業日が納期になります。

介護保険料の減免

災害などによる著しい損害を受けたり、長期の入院・失業などにより所得が著しく低下し、保険料を納めることが困難な人は、保険料の納付を猶予したり、減額したりする制度があります。

第2号被保険者(40歳~64歳までの方)の保険料

国民健康保険や職場の健康保険など、加入している医療保険ごとの算定方式で決まります。詳しくは、加入している医療保険者へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 市税係
電話番号 0997-22-1111(内線 229・233)
ファックス番号 0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ