不在者投票について

  • 不在者投票のできる施設に指定されている病院、老人ホームなどに入院か入所している人。
  • 長期出張や出稼ぎなどのため、本来自分が住んでいる市町村を遠く離れ、投票のためわざわざ帰ってこられない場合は、自分が本来住んでいて選挙人名簿に登録されている市町村の選挙管理委員会に郵便で投票用紙を送ってくれるよう依頼し、送られた投票用紙を現在滞在中の市町村の選挙管理委員会に持参して投票します。
  • 身体に重度の障害があり、身体障害者手帳や戦傷病者手帳の交付を受けている人で、障害の程度が一定以上の人は、郵便による不在者投票ができます。ただし、自分で文字が書ける人に限ります。

 期日前投票及び不在者投票の投票期間は、選挙期日の公示日又は告示日の翌日から選挙期日の前日までの間となっております。(最高裁判所裁判官国民審査については、審査期日の7日前から審査期日の前日までの間)

この記事に関するお問い合わせ先

選挙管理委員会事務局
電話番号0997-22-1111(内線 277)
ファックス番号0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ