西之表市辺地に係る総合整備計画について

辺地とは

 交通条件及び自然的、経済的、文化的諸条件に恵まれず、他の地域に比較して住民の生活文化水準が著しく低い山間地、離島その他のへんぴな地域で住民の数その他について政令で定める要件に該当している地域をいいます。

辺地に係る総合整備計画とは

 こうした地域間格差の是正を図ることも目的に制定された「辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置法に関する法律」に基づき、辺地に係る総合整備計画を策定した市町村については、辺地対策事業等により財政上の支援を受けられることになっています。特別措置とは辺地債であり、元利償還金の8割が地方交付税として補てんされます。
 本市においても、この法律に基づき総合整備計画を策定の上、施策の展開を図ってきましたが、同計画期間の終了に伴い、新たに、辺地に係る総合整備計画書(平成28年度~平成32年度)を策定しました。

計画の期間

平成28年度から平成32年度
施設名 事業数 事業費(千円)
道路・橋漆 16 1,845,176
農道 5 106,272
学校給食施設 2 98,948
高齢者福祉増進施設 1 4,200
消防施設 4 165,490
農林漁業経営近代施設 9 338,846
観光・レクリエーション施設 6 224,000

事業費は期間中(平成28年度~平成32年度)の合計であり、計画事業等については毎年見直しを行います。

この記事に関するお問い合わせ先

行政経営課 企画政策係
電話番号 0997-22-1111(内線 211・213)
ファックス番号 0997-22-0295
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。